FC2ブログ

peaceful garden for us -まるときどきどきどき-

てんかん猫まるとのおだやかな日々

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*まるのお引越 マイルームができました

4月20日に大学病院で診断していただき、今のところ、MRIを再度かける必要はなく、エクゼグランを増量する投薬計画が出され、翌日、かかりつけ医の病院から退院してきました。


まるの今までの発作を誘発する原因をなるべく排除しようと、私の部屋をまるの拠点にすることにしました。というのは、今までまるは2階の私の部屋で発作を起こしたことは一度もなく、窓はありますが、外猫のスプレイの臭いに怯えることも少なく、もっとも安心できる場所だと思ったからです。そして、家中のテリトリーを守りきれるだけの力が残念ながらまるにはないため、テリトリーを小さめにして、確実に守れる空間をつくろうということです。


少しずつ慣れてもらおうと、1階と2階の行き来を妨げないようにし、食事もどちらにもあるようにし、それでも2階の方がたくさん食事を置いておいて、快適な空間にして誘導しました。まるのトイレの大小の入った袋を2階の入り口や、2階の部屋において、まるのにおいでうめておきました。1階で家族がくつろいでいるときはいっしょにまると降りていきます。昼間はまるの発作がほとんどないので、昼間だけは1階に行かせています。夜、私が寝るときだけは部屋の扉を閉めて、まるといっしょに同居します。トイレも時間帯が決まっているので、1階でトイレをすませた後、就寝時間にトイレを2階へ移動します。全部を一度にもっていくのではなく、まるのにおいによるテリトリーを少しずつ移動させました。


和室の部屋なので、あちこちに座布団やまるの好きな敷物を置いて、お気に入りの場所を自分で決めてもらうようにしました。そうしたら、私のベッドの下が一番よかったようです。半分板の間と畳に挟まったところを自分の居場所と決めたようで、薄暗くもあり、天井(ベッドの板)が迫っていて、ちょっと床下っぽい雰囲気です。まるの生地はお寺なので、木造の建物の下に床下が広がっています。それを思い出すのかな。気に入ってくれるといいです。


ベッドの下のまる こんな薄暗いところが好きなんです




Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

peacefulgarden4u

Author:peacefulgarden4u
赤銅色の猫まる(女の子8歳)の姉。

とてもビビリなまるが
穏やかに暮らせることを願って、
いっしょにぐたぐただらだらうとうと
脱力しています。        
                                               

検索フォーム

最新記事

天気予報

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。