FC2ブログ

peaceful garden for us -まるときどきどきどき-

てんかん猫まるとのおだやかな日々

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*まる再び入院

今日の深夜から未明にかけて複数回の発作が起き、まるは今朝、入院しました。
1度は、10分内に発作が続けて起きたので、救急で病院へ連絡したところ、移動はリスクがあるので、30分内に再度発作がおきたら、すぐ連絡するように、そして落ち着いたら朝8時半までに連れてくるようにとの指示があり、まずは刺激を与えず、安静にすることで、様子見しました。その後、落ち着き、1時間ほど静かに眠っていましたが、寝室の目覚まし時計の音がした20分ほど後、再度発作が起きました。発作の後に、いつもは徘徊しても、15分内に回復するのですが、今日は手足が交差したり、身体がねじれたりで、前に進めず、ひっくり返ってしまい、手足がつっぱったままになってしまいました。手足の硬直の状況が、昨年の重積発作の前に近かったので、すぐ病院へ連れて行き、入院させました。


発作や体調記録を月の中旬と月末にはアップさせようと思っているのですが、このような状況が続いているため、まるが退院してからアップさせます。記録ノートも病院へおいてきたままなので。


まるの場合、発作の前兆はあまりなく、突然、起きるのが日常の発作です。ただし、連日の発作によって、今日のように発作の閾値が下がっている場合は、前兆として、トイレの時間帯がずれることに気が付きました。普段、何も発作がなかったり、あっても1回の軽い発作の場合は、夜にトイレの小をして、真夜中に大を1回ずつするのが通常です。今日のような時は、大を夕方し、小を夜しています。しかも大をトイレの外にしてしまいます。今月の群発発作の時もそうでした。そして昨日は、やや興奮気味というのか落ち着かず、何か動くときは「くー」と声を出していました。よくしゃべる(?)ときはまるの場合、興奮度の高い時です。それから、まるの場合は、具合が悪い時に目、とくに右目が涙目になります。今回も群発の後、どこもぶつかっていないのに右目が腫れ、涙がずっと止まらず、痒いのか痛いのか、瞬膜が上がるほど掻いていました。


発作の閾値が下がっている時は、発作を誘因する引き金が増えてしまうようなので、なるべく音も光も刺激も少ない場所を自分で選んで引きこもっています。逃げたり、隠れたりする場所を確保してあげていたのですが。


今回の発作はその場右まわり高速でくるくる回ったあと、猛烈ダッシュで、狭い場所を探し、袋小路になったら、壁を1メートルほど登ってしまいました。今までに一番激しい発作で長かったです。発作直後も立てずに、その場に腰が抜けたように座り込む時間が長かったです。


病院までの経路でも病院内でも発作は起きず、発作予後の状態だということでした。ただ、これだけ発作が起きているので、閾値が低く、ふだん起きない、昼間でも起きるおそれはあるそうです。


早く頭の中の発火を静めて、安静な状態に戻ってほしいです。
もし、安静な状態をしばらくつづけることができたら、再度MRIを撮ってみようかと獣医師と話したおとがあるので、そうしようかと思っています。1年前に撮った時には何も脳には異常は見られず、真性癲癇と診断されましたが、1年後に何か見つかることもあるかもしれないということです。


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

peacefulgarden4u

Author:peacefulgarden4u
赤銅色の猫まる(女の子8歳)の姉。

とてもビビリなまるが
穏やかに暮らせることを願って、
いっしょにぐたぐただらだらうとうと
脱力しています。        
                                               

検索フォーム

最新記事

天気予報

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。